ほぼ毎日Snow Man

SnowManとその界隈の出来事を書いてます。

歌舞伎の将来を憂う

滝沢歌舞伎ZEROの東京公演が無事に千穐楽をむかえ、伝統芸能の方の歌舞伎について色々と思うところがあります。まだ若くてものすごく人気があるアイドルたちがこれだけ体を張って伝統芸能である歌舞伎を継承しようとしてくれてるのに、歌舞伎側に受け皿がない!!

 

歌舞伎の方、もうちょっとどうにかなりませんかねという話です。

 

滝沢歌舞伎ZEROは数あるジャニーズの舞台の中で唯一「和」の要素を取り入れた舞台。日本人、特に若年世代の歌舞伎離れは深刻で、滝沢歌舞伎ZEROが生まれて初めて触れる歌舞伎という人も多いはず。

 

しかし、今の歌舞伎は全くその受け皿になっていません。少しでも歌舞伎に興味をもって「見たことなかったけど、1回くらいは歌舞伎見てみようかな」と思った人を取り込めなくてどうやってお客様を増やすつもりなんでしょうか。

 

「若者が歌舞伎を見ない」「そもそも興味がない」なんて、何年も何年も前からわかっていたことです。滝沢歌舞伎ZEROは”歌舞伎”なわけですから、見た人は少なくとも歌舞伎のお約束をある程度理解しているし、「歌舞伎ってちょっと面白いかも」と思ってくれている。そもそも興味すらない人たちとは全然違うわけです。

 

でも現状だと「ちょっと歌舞伎でも見に行ってみようかな」という人たちが実際に歌舞伎を見に行って、「楽しかった。また見たい」となるのは難しいです。結論から言えば、歌舞伎に興味がある初心者向けのチケットは安くしてほしい、そして初心者向けの演目を毎月入れてもらって、その公演は若手主体でやってもらいたいのです。

 

今の歌舞伎は本当に本当にハードルが高い。

 

歌舞伎の何が問題かというと、まずチケットが高いです。桟敷席16,000円、1等席15,000円、2等席11,000円、3等A席5,000円、3等B席3,000円(2021年6月公演)。ちょっと興味をもったとしても1等席、2等席は1万円越え。3等席もありますが、まったくの初心者が3等席で芝居を見て「面白かった。また来よう!」って思うと本気で思ってます?

 

そもそも、まずは1回ちゃんと見てもらわないと何も始まらないわけですから、「滝沢歌舞伎ZERO」の入場者には歌舞伎の無料チケットをつけるとか、「滝沢歌舞伎ZERO」のDVD/BDに割引チケットを同封するとかしてもらえないですかね。

 

申し訳ないですが、どうせ海老蔵さんとニザタマ以外は空席あるんだからいいじゃないですか。若い観客がたくさんいた方が役者も張り合いがでるでしょう。

 

そして、なんとか足を運んでいただいたとしても、次の問題は演目。

 

よく歌舞伎が好きな方は「何も知らなくても大丈夫」とおっしゃますが、あれは嘘です。はっきり言って、つまらないものはつまらない。

 

もちろん玄人好みの”役者の芝居を見る”ための地味な演目もあるでしょう。でも、生まれて初めて歌舞伎を見に来るお客さんが運悪くそれにあたったらアウトです。その人はもう一生歌舞伎を見ません。

 

滝沢歌舞伎ZEROの歌舞伎パートがわかりやすくて面白いだけに、次に見るのが「見た目も地味だし歌舞伎の基礎知識がないと楽しめない演目」だと落差がありすぎるのです。単純に見て楽しめる演目が毎月ないと、「楽しかった!また見たい!」と思ってもらえません。たくさんあるじゃないですか。華やかで話もわかりやすくて、歌舞伎って面白いなあと純粋に思える演目。具体的に言えば、助六とか弁天小僧とかレベルです。

 

もし全く歌舞伎を見たことのない人から「歌舞伎一度見に行ってみたいんだけど」と相談されたら、こちらとしてはこの機会にぜひ歌舞伎を好きになってほしい。それなのに往々にして、地味でつまらん、子殺しは好きじゃない、あらすじが難解過ぎて初心者は確実に寝るわ・・・。「ごめん、今月はおススメしない」となるわけです。毎月毎月、助六、弁天小僧とまでは言いませんが、もう少し構成考えてもらえませんかね。

 

最後は本当に大問題。上記の演目(本当の初心者でも楽しめそうな演目)をかける際はとにかく若手中心でお願いしたいのです。なぜなら初心者にとって女方のハードルは意外と高いからです。滝沢歌舞伎ZEROではSnowMan阿部亮平さんと佐久間大介さんが美しい女方を披露しているので、ファンは「女方は美しいもの」と思ってる。例えるなら、20代後半の玉三郎さんを見て女方とはこういうものと勘違いしている状態です。

 

ところが、実際はどうでしょう。見た目は明らかにお爺さんが若いお姫様の役だったりするわけです。もちろん、歌舞伎の世界では年齢を重ねてもいかにそれっぽく見せるかが芸なのですが、見た目が明らかにお爺さんだと、そっちが気になってしまって集中できない。話がわからない。大問題です。

 

どこまで若手?浅草歌舞伎の出演者かそれより下の世代です。若手だけじゃ客が呼べない?何言ってるんですか。今だって呼べてないじゃないですか。空席がありすぎて見てるこっちだっていたたまれない思いをしてるんです。手遅れになる前に何でもやってみてくださいよ。ベテランの芸は歌舞伎に親しんで歌舞伎って面白いな、もっと知りたいなと思ってから見てもらえば良いのです。

 

ここまで抜本的な見直しをしなくても、SnowManとIMPACTorsに実際に生の歌舞伎を見てもらって感想をYouTubeで言ってもらうとか(これだけでも数十万人に歌舞伎の面白さを伝えることができますよ、松竹さん!)、イヤホンでの解説を佐久間さんにやってもらって希望者は佐久間さんバージョンで解説が聞けるとか(実現したらマジで行きます)とか、色々できることあると思うんですよね。

 

滝沢歌舞伎カンパニーは本当に真摯に歌舞伎に向き合っています。だから滝沢歌舞伎ZEROを見た方が歌舞伎に興味を持ってくれて、本当に歌舞伎を好きになってくれたら本望だろうと思います。だから、どうか歌舞伎界は滝沢歌舞伎ZEROのファンを受け入れてほしい、受け入れられるようになってほしいと切に願います。

 

(了)