ほぼ毎日Snow Man

SnowManとその界隈の出来事を書いてます。

ランキングの件について

某誌で「好きなジャニーズ・嫌いなジャニーズ」が発表され、色々と考えた話。

 

今回のランキングで「嫌いなジャニーズ」にSnowManのメンバーが複数ランクインしたわけですが、個人的には、わざわざ「嫌いなジャニーズ」に投票する人がこんなにいることに衝撃を受けました。

 

本当はめちゃくちゃ腹がたっているのですが、公表されてしまったことに腹を立てても仕方がないので前向きに考えてみました。が、愚痴多めです。

  

せめて少しでも前向きなことを言うならば、今の段階でここまで良くも悪くも個人名が認知されていること自体はすごいことだと思います。だってデビューしてまだ2年目。コロナの影響で活動できなかった時期もあるので、デビュー後の実質の活動期間は1年にも満たないのですから。

 

なんなら、それまでSnowManを知らなかった人たちが、このランキングやランキングの解説記事を見てSnowManのことを知ってくれる契機になってくれれば嬉しいですね。

 

ジャニーズを知らない人は、そもそも「SnowMan」という存在自体を知らないわけです。たとえ「嫌いなジャニーズ」であっても「ふーん、今はSnowManっていうグループがあるのか」と思ってもらえるのであれば、このランキングにも少しは意味があるのかもしれません。

 

できれば、ついでに”SnowMan”って検索してもらって、7月14日発売の4枚目シングル「Hello, Hello」の動画を見ちゃってください!えっ、何?最近のジャニーズってこんな感じになっちゃってるの?MVもダンスプラクティスもめっちゃセンス良いじゃん。しかもジャニーズなのにパフォーマンスすごくない?と思うこと間違いなしです。

 

そうなんです、世間一般に「ジャニーズは顔が良いだけで、歌も踊りもいまいち」と思われているのを逆手にとって、ギャップ萌えでファンにさせちゃう作戦。とは言え、本当の魅力はまだまだこれからです。「Hello, Hello」はSnowManの曲の中でも珍しい爽やかポップソング。言うても世間がジャニーズに抱くイメージに近い方。

 

ですが、新曲「Hello, Hello」を連続で見ていただきますと、YouTube様が「この人はSnowMan好きなのかな」と思って、3枚目シングル「Grandeur」をお勧めしてきます。たのんだぞ、YouTube!ジャニーズに興味がなければないほど、びっくりすること間違いなし。えっ?まじでジャニーズ?とは言え、「Grandeur」のMVが超絶かっこよすぎて「うまいこと編集して良い感じに盛ってるんでしょう」と思われる危険性があります。そこで、ダンスプラクティス動画の出番です。ねえ、この人たちどうやってあんなに何もない空間でポジション取って全員キレッキレなままシンクロできるの??イミガワカラナイ・・・

 

うん、うん。どんどんはまってきましたね。まだまだ続きますよー。間違いなく「ジャニーズなめててすみませんでした。SnowManってすげえな。」となります。でしょ!(←どや顔)やっぱり気がついちゃうよね。本当にすごいグループなのよ。えっとね、まだまだお勧めたくさんあるんだけど、時間ある?(長くなるので以下略)

 

また、もし「SnowMan」という名前自体は知っているけど特に興味がなかった人であれば「そこまで嫌われるってどんなグループ?」って逆に気になっちゃうのではないでしょうか。”SnowMan”って、検索して7月14日発売の4枚目シングル「Hello, Hello」の動画を見ちゃってください!(以下、同じ内容のため略)

 

なお、現実世界でこれをやると大変うざがられて、逆にその人がSnowManのことを見もしないで嫌いになってしまう恐れがあります。お勧めしたい気持ちはとてもよくわかりますが、基本的にはやらない方が良いと思います。

 

いずれにせよ、SnowManの良さは見てもらったら絶対にわかります。ですが、そもそも知らなければ検索もしないのですから、まずは「SnowMan」という名前を知ってもらうことが超重要です。だって、普通の人はジャニーズ自体に興味がないのですから。たくさんの人にグループの名前を憶えてもらって、どういうグループなのかを知ってもらうのはその次のステップです。

 

「ジャニーズ(事務所)」は誰でも知っていても、具体的なグループ名まで広く知られているかというと決してそうではありません。ジャニーズで現役で活動しているグループで「世間一般に知られている」レベルの認知度があるのはKAT-TUNさんたちまでです(※)。今はまだ、SnowManの認知度はデビューしているグループの中では最も低い。いくら人気があるとファンが思っていても、それは狭い世界の中だけのことで、これが現実です。だから、たとえ嫌いな人であっても名前があがるということは、少なくとも「グループ名と個人名を知っている」ということなので、良かったと言えなくもないのではないでしょうか。

 

というか、そうでも思わないとやってられません。本人も周囲の人もファンも不愉快な思いをするとわかっていて、いつまでこんなランキングを続けるつもりなのでしょうか。わざわざ投票するほうも投票するほうです。どのグループにも、どのメンバーにもファンがいるのですから、「嫌い」だったら黙ってろと思います。

 

お子様たちの頭が悪いのは仕方ないかもしれませんが、お子様どころか、いい年をした大人たちが、直接知りもしなければ会ったことすらない10代、20代の子に対して「こういう理由で嫌い」って。ねえ、馬鹿なの??

 

もうさ、あなたたち、気分は10代かもしれないけど、もう10代じゃないから。わざわざ年齢を記入して、公の場でそういうこと言うのは本当にやめた方がいい。本人たちがそれを聞いてどう思うか想像してみな?ご家族も親戚もリアルの友達もいるんだよ。本気で応援しているファンが何十万もいるんだよ。あなたがわざわざコメントすることで、どれだけの人が不愉快な思いをするかわかってる?

 

特に「本人たちのためを思って」的なコメントには心底うんざりだよ。本当に本人のためを思うなら、こんなところでコメントするなよ。もし合理的な理由があって改善したほうが良いと思うならば、ちゃんと理由を添えたうえで、しかるべきところに要望として送付すれば良いでしょ。もう大人なんだから。

 

こういう頭の悪い人たちには本当に腹が立ちますが、残念ながら頭の悪さをどうにかしてあげることはできません。そもそもの原因となっているこんなランキングを発表するのはもうやめてくれませんかね。

 

(了)

 

※ タレントパワーランキング2021の結果による。ランキング自体は、株式会社アーキテクト様が実施している調査です。全データはアーキテクト様が有償で提供していますが、今回は「日経エンタテインメント!」2021年7月号(日経BP社)掲載の全タレント得点分布図(男性編)を参考にさせていただきました。