ほぼ毎日Snow Man

SnowManとその界隈の出来事を書いてます。

向井さんライカを買う

AERA向井康二さんが念願のライカを購入する記事を読んで幸せな気持ちになった話。

 

雑誌「AERA」にて「向井康二が学ぶ白熱カメラレッスン」を月2回連載されている向井さん。お母様の影響でカメラを始め、小学生のころからずっと撮影を続けていたとのこと。6年ほど前から撮り始めた関西Jr.のメンバーの写真が雑誌「アサヒカメラ」さんの目に留まり、2020年4月から同誌にて連載が始まるも、残念ながら同誌は休刊。連載は「AERA」に移行し、今では月に2回掲載される人気の連載になりました。

 

コンセプトは「向井康二さんがさまざまな写真家から撮影の極意を学ぶ」。毎回、向井さんが写真家の方と一緒に撮ったり、撮られたり。向井さんの色々な表情も見られますし、SnowManのメンバーを撮影した素敵な写真も盛りだくさんです。

 

あとですね、大変個人的な感想で恐縮ですが、AERAで記事を担当してくださる編集部の伏見美雪さんの文章がとても良いのです。この連載に限らずSnowManの記事はいつもご担当していただいているのですが、毎回、限られた文字数の中でしっかりとSnowManの魅力を余すところなく伝えてくださいます。対談も、その場の雰囲気がすごく伝わってくるんですよねえ。やっぱりプロはすごいわといつも思います。

 

私自身はカメラそのものよりもSnowManのメンバーの写真目当てで読み始めたのですが、さすがにずっと読んでいると知識も多少は増えてきます。アイドルの写真なんて誰が撮ってもそんなに変わらないでしょとかと思っていて、本当にすみませんでした!!

 

自分では写真なんて全く撮ったことがないので、みんな素材がいいんだし、どう撮ってもかっこいいでしょ的なイメージでした。が、いやいや、そんなわけない(笑)。いつもメンバーの素敵な写真を撮ってくださるカメラマンさん、ヘアメイクさん、スタイリストさん、本当にありがとうございます。

 

向井さんの連載が始まってから、一枚の写真を撮るためにどれだけ苦労があって、色々な工夫をしているのかに思いがいたるようになりました。今は、雑誌などでもどなたが撮影しているか見ますし、写真が素敵だなと思ったらカメラマンさんにもお礼状を書きます。

 

最近は、この方はこういう意図でこういう写真を撮りたかったのかなとか考えちゃうこともあるくらいです。この週末もちょうど「FLIX」8月号のラウールさんの写真がすごく素敵だったので、以前の「アサヒカメラ」をひっぱりだしてきてライティングはこんな感じかなあとか見てました(※1)。人間は進歩するものです。

 

これはひとえに向井さんのおかげですね。毎回、とにかく向井さんのカメラ愛が強すぎて、読んでてこちらまで幸せな気持ちになるので、つい中身も読んでしまいます。

 

さて、カメラへの愛情ダダ洩れの向井さんですが、連載の企画でいよいよ念願のライカを購入した様子が「AERA」に掲載されました(※2)。しかも、雑誌の発売日は向井さんのお誕生日。色々とおめでとうございます。

 

イカと言えばカメラの最高峰と言っても過言ではない超高級カメラ。値段が高いだけではなくスタイリッシュな見た目や、そのぶれないポリシーからカルト的な人気を誇っています。いや、実際に人気があるからカルト的ではないのかな?とにかく写真を撮る人なら絶対に気になるカメラ。

 

なんかですね、「ライカじゃないと撮れない写真(というか、空気感?)」があるそうなんです。だから、好きな人はめちゃくちゃ好き。でも、周囲のおじさまがたを見てると「いつかはライカ」と夢見て買ってはみたものの、結局使いこなせずに持て余しちゃったりしてる人も多いように思います。

 

でも向井さんの購入の様子見てたら、やりたいことも決まってるし、使ってるところも想像できるし、全然大丈夫そうです。あれだけバンバン写真を撮るなら、決して高い買い物ではないと思います。

 

入所してからこれまでの苦労を思えば、もう好きなものを好きなだけ買っていいんです。しかも「買ったカメラで最初に撮るのはメンバー」と決めて、その日はものすごく撮りたかったと思うのに次の日まで撮るのを我慢するなんて、どれだけメンバー大好きなの!?買った様子をすぐにみんなに報告するあたりも、かなりツボでした。

 

何度もデビューを逃して悔しい思いをしながら、ずっとずっとがんばってきた向井さん。いつも自分のことよりも他の人のことを思いやる向井さん。SnowMan加入前に所属していた関西Jr.では立場上、みんなのまとめ役だから厳しいことも言わないといけなくて、根が優しいだけに本当は辛かったと思います。SnowManなら甘えられる人もいるだろうから、関西Jr.の時よりも自分らしく穏やかでいられていると嬉しいです。もう向井さんのこれまでを思うとまじで泣きそう。

 

だから今回こうしてずっと欲しかったライカを買って嬉しそうにしている向井さんの姿を見られて私も幸せです。しかもライカで撮ったふっかさん、めっちゃかっこいいし。ライカで撮れば、いつもかっこいいふっかさんがますますかっこいいぞ!

 

朝日新聞出版社様におかれましては、ぜひぜひ向井さんの写真集について前向きにご検討いただければ幸甚です。

 

(了)

 

※1「FLIX」2021年8月号、ビジネス社。FLIXなのに企業広告?と思ったら、ガチでグラビアでした。今月はラウールさんの露出が多くて全誌購入は厳しいと思う方でも、とてもビジュアルが素敵なのでぜひ。「アサヒカメラ」2020年5月号、朝日新聞出版。男子をかっこよく撮るためのライティングについて解説したイラストがわかりやすいです。

 

※2「AERA」No.29('21.6.28)、朝日新聞出版