ほぼ毎日Snow Man

SnowManとその界隈の出来事を書いてます。

「縁-YUAN-」とりいそぎ

新曲「縁 -YUAN-」MVのYouTubeバージョンに魂がもっていかれた話。

 

2021年7月30日公開、アニメ映画『白蛇:縁起』の日本語吹替版の主題歌であるSnow Manの新曲「縁 -YUAN-」MVのYouTubeバージョンが公開されました(読み:ゆえん。正式表記はAにアキュート・アクセント)。

 

『白蛇:縁起』は中国のアニメ会社・追光動画とワーナー・ブラザースがタッグを組んで制作され、中国では興行収入70億円超えの大ヒットを記録。日本語吹替版では三森すずこさんと、SnowMan佐久間大介さんが声優としてダブル主演をつとめます。

 

中国古代の四代民間伝統の一つとされる「白蛇伝」。そのヒロインである妖怪・白と村の青年・宣との時空を超える壮大なラブストーリーをハイクオリティなフル3DCGアニメーションで描いた物語。とにかく最近は中国のアニメがすごいことになっているようなのでめちゃくちゃ楽しみです。そして、『白蛇:縁起』の主題歌はSnowManの新曲「縁 -YUAN-」です。声優として参加させていただいたうえに、主題歌まで担当させていただけるなんて本当にありがたい。

 

「縁 -YUAN-」は中国の楽器である二胡(にこ)が取り入れられていたり、歌詞にも中国語が入っていたりして何も知らない状態で聞いても中国っぽさが感じられます。映画の主題でもある「縁」や「つながり」が歌詞に入っていて、曲自体も映画の世界観に合わせた雄大なイメージになっています。7月9日公開のSnowManラウールさん主演映画『ハニーレモンソーダ』の主題歌である爽やかポップソング「Hello, Hello」とは全然違う曲で、これが本当に同じグループかと思うくらいです。

 

実はさきほどいつもどおり「Hello, Hello」を見ようとして、「縁 -YUAN-」のMVを見てしまってですね、阿保みたいに口をあけたまま固まってしまいました。えーっ?これすごくない?

 

何と言っても、世界中の誰が見ても確実にアジアの曲だとわかる素敵ビジュアル。ひたすら妖しく美しく作り込まれた世界観。これぞアジアの美。アンダーグラウンドな雰囲気といい、終わりと儚さを感じさせる余白のある美といい、まじで大好物です。

 

そして何より、CGかと思うくらい作り込まれた”赤い糸”。というか、赤い糸を表現した縄。超絶技術にびっくりです。縄の扱いは日本独特のものがあると思いますが、この世界観を縄1本で実際に体現する技術がすごすぎる。ぜひ現代美術館で再現お願いしたいです!(←本気)。

 

メンバーの表情がまた・・・明らかにただのハッピーエンドじゃ終わらなそう。メンバーのみんなにも、こんな顔があったんだーと思って、ついつい魅入ってしまいます。全員がちょっと泣きそうだったり、辛そうだったりする表情に、これは演技だよね?と思いつつ、見てるこっちまで思わず辛い気持ちになってしまいました。お仕事以外であんな顔していないといいんだけどなあ。

 

そして、何といっても佐久間さんが超絶かっこいい。元から表情が多彩で演技力のある人だとは思っていましたが、こういう感じの、本当に表情だけで魅せるお仕事だとそのすごさがよくわかります。表情に、色々な感情を想像させるだけの奥行きがあるんですよね。声優として参加されたから余計にいろいろな思いがあるでしょうし、それだけ深く映画の世界観を知っているということもあるのでしょうが、改めて佐久間さんの魅力を感じさせられました。

 

それにしても、こんなに違う曲が同じCDに入るなんて、すごいことです。2曲とも映画の主題歌ということ自体がまずすごい。そして「Hello, Hello」とは映画の世界観自体が全く異なるので、「縁 -YUAN-」が全く異なる曲になるのは当然なのですが、あまりの振り幅に思わず呆然としてしまいます。少なくてもMVに関しては「Hello, Hello」の後に見る時は心の準備が必要(笑)。

 

以前、SnowManの楽曲は、プロデューサーである滝沢秀明さんとエイベックスががっつりやりあってクリエイティブコントロールをしており、それがうまくいっているとの評がありました(※)。滝沢さんの美学やクリエイティブのアイデアを、エイベックスが上手に具現化できていることがヒットにつながっているそうです。

 

そして、ジャニーズのアイドルは1曲ヒットすると、ずっとその曲に似たものをリリースし続けてしまう傾向がある(あった?)のですが、滝沢さんはそれを良しとせずに積極的にチャレンジしているとのこと。確かにSnowManのシングル曲だけでも「そうきたか!」と毎回思いますものね。

 

CDの発売がますます楽しみになってきました。

 

(了)

 

※出典が他グループの下げ記事となっているため、明記は控えます。