ほぼ毎日Snow Man

SnowManとその界隈の出来事を書いてます。

ロクニンガーは不滅?

ロクニンガーって、もしかして永遠にロクニンガーなんじゃないだろうかと思った話。

 

ロクニンガーとは、自称SnowManのファンの中で、SnowManに途中から加入した3人を認めず、いまだに「6人のSnowManが良かった」と言い張る人々のことです。さらに、そのもっと前の「ミスノ」と呼ばれるMis SnowMan(ミス・スノーマン)と呼ばれるグループ時代が良かったと言っている人は、もはやアンチ認定でよろしいかと思います(※1)。

 

ロクニンガーは「6人体制が良かった」と言い張るだけならまだしも、加入組と呼ばれる3人を(ネット上で)攻撃することもしばしば。オリジナルメンバーと呼ばれる6人もこの状況には心を痛めており、「9人は家族。3人を悪く言う人がいたら許しません。」とまでおっしゃる方もいらっしゃるくらいです。「俺が盾になる」とおっしゃったのは渡辺翔太さん、かっこ良すぎです。

 

ロクニンガーのあまりの攻撃のひどさに「ファン同士の仲が悪いグループの応援はできない」「加入組を応援していたけど(ロクニンガーの攻撃が)あまりにもにひどいのでファンやめます」という事態が実際に発生しています。ロクニンガーはファンじゃないから大丈夫ですよと、声を大にして言いたいです。ファン同士の仲、悪くないですよ。むしろ9人全員をグループとして応援する”箱推し”と呼ばれるファンが多いので安心してください。

 

ファンを減らすようなことをするのを見て、あの人たちはファンなのかと非常に疑問に思っていたのですが、実はファンを減らしたいのかもしれません。なぜなら、彼ら/彼女らはファンの少ないSnowManを愛していた(愛している)からです。

 

いくらロクニンガーが「6人体制が良かった」と言っても、周囲から聞こえてくるのは「昔を嘆いても戻れないんだから、いくら文句を言っても仕方ない」「加入がなければデビューできなかったかもしれないんだよ」「実際すごい売れてるんだし、加入組3人を入り口にしてファンも増えてるんだからいいじゃん」という声ばかりです。

 

「ひとは見たいものしか見ない」だけでなく、「見たくないものを突きつけられると、自分の誤った信念にさらにしがみつく」ということは研究により判明しているそうです(※2)。この研究は個人の政治的態度についての調査結果ですが、人の心理ということで言えば同じだと思うのです。

 

「見たくないものを突きつけられて」私の気持ちを誰もわかってくれないと感じるロクニンガーが、「自分の誤った信念にさらにしがみつく」のですから、ますます自分の考えに固執してしまうのは当然でしょう。

 

デビュー前のSnowManは「舞台班」と呼ばれる、舞台を中心に活動するグループでした。今でこそ、舞台で活躍するジャニーズの方も増え、舞台のお仕事を中心にしたキャリアも進路の一つとして定着しつつあります。が昔は、(仕方なく)舞台班になるという印象がありました。「負け組」とは口に出さずとも、まあたいていの人にとってはそんな感じでした。今は全然そんなことはないですが。

 

ただ、舞台班のファンにとっては、その状態が逆に心地良いわけです。

 

まず、何と言っても「私だけが彼の魅力をわかっている」という優越感をもてます。ただ座って静かに観劇するだけなので、ファン同士のバトルもありません。ひたすら舞台上の推しを見つめていればいいのです。こんな幸せな時間があるでしょうか。

 

しかも、CDの売上や、生写真の売上を競うこともないので、経済的にも楽です。ファンが増えると、チケットが取りづらくなるので、恐らく本気で「これ以上ファンが増えないでほしい」と思っているはずです。ファンの数が少なければ少ないほど、チケットが余れば余るほど、自分が観劇できる回数が増えるのですから。

 

デビューはできないと思われていた舞台班がデビューして、しかもあっという間に人気が出てしまったのです。ロクニンガーの心中は察してあまりあります。しかも、なぜか新加入の3人ばかりが目立つ気がします。これまで6人でSnowManとしてがんばってきたから今があるのに、何と言うことでしょう。絶対に許せません。ロクニンガーの思考って、こんな感じではないですかね?

 

加入組と呼ばれる、新しく加入した3人ばかりが目立つ気がするのは、ロクニンガーの皆様が執拗に3人を攻撃するのを見かねてのことだと思います。ロクニンガーが攻撃するがゆえに、3人の露出を増やして人気を獲得しないとみたいなことになっている。オリジナルメンバーだって「自分たちはいいから、3人を前に出してやってくれ」と自分たちから言っているのではないでしょうか。

 

オリジナルメンバーが、自分を後回しにしても他人を気遣う人たちばかりだって、ロクニンガーならわかってるはずです。3人だって、他の人の気持ちがわかるから前に出てがんばっているだけで、本当はみんな人見知りで遠慮がちな人たちなんです。

 

そんなことは見てたらわかるじゃないですか。と言いたいところですが、「見たいものしか見ない」のであれば、オリジナルメンバーの気遣いや、3人の努力も見えないということです。ですから、たとえ誰が何を言ってもロクニンガーは永遠に不滅なのではないかと思う今日このごろです。

 

(了)

 

※1 Mis SnowMan(ミス・スノーマン)2009年1月に結成されたジャニーズJr.のグループ。2011年10月にメンバーの2人が16代目いいとも青年隊に選ばれたことで事実上解散。今となっては、2人をデビューさせるためのグループ結成だったと解されている。残り6人のメンバーは翌年「SnowMan」として活動を開始。

※2 ファクトチェックは逆効果? 「ひとは見たいものしか見ない」だけでなく、「見たくないものを突きつけられると誤った信念にさらにしがみつく」【橘玲の日々刻々】 | 橘玲×ZAi ONLINE海外投資の歩き方 | ザイオンライン (diamond.jp) (最終閲覧日:2021.7.8)