ほぼ毎日Snow Man

SnowManとその界隈の出来事を書いてます。

趣味は勉強

阿部亮平さん待望のお天気コラム「空を見上げて」がついに7月11日(日曜日)の読売新聞に掲載されました。しかも、ちゃんと7月14日発売予定の新曲「Hello,Hello」の宣伝までさせてもらってます。読売新聞さま、本当に本当にありがとうございます。阿部さんが気象予報士の資格を取得された時からずっと「天気のお仕事ができたら良いな」とはおっしゃっていましたが、まさかこんなに大きなお仕事がいただけるとは。

 

読売新聞の発行部数は日本一です。読売新聞社の推計によれば、デイリーの実態購読者数(会社などで読む人も含めた人数)は1290万人。SnowManのファンクラブ会員数が7月12日現在で45万人とのツイートがありましたので、その約30倍の方に「SnowMan阿部亮平です」と発信しているのです。すごいことです。

 

新聞用に素敵な写真を撮影してくれた向井康二さんにも感謝です。全国紙に、あの大きさ(8cm×10cm)で掲載できるクオリティの写真だったということですよね。いつか「撮影:photo boy」と書いていただける日が来るかもと思うと楽しみです。

 

阿部さんと言えばジャニーズ屈指のインテリキャラですが、キャラではなく実際に上智大学院卒の高学歴。気象予報士の資格のほかに、世界遺産検定2級も取得しています。何よりすごいのは、趣味が「クイズ、勉強、英会話」なところです。趣味が「勉強」のアイドルなんて、かつて存在したことがあったでしょうか。

 

しかも、口先だけではなく本当に暇さえあれば勉強しているらしいです。他のメンバーからも「滝沢歌舞伎ZERO」の公演中もホテルに戻ったら勉強してたと言われてましたし。目黒蓮さんの動画でも「(阿部さんは)いつも勉強しています」と、勉強中の映像が。ご本人作成の「Hello,Hello」の告知動画第2弾も「勉強」がテーマでしたね。

 

阿部さんのように影響力のあるアイドルが「趣味は勉強」「勉強は楽しい」ということを常に発信してくださることは、日本の女性、特に若い女性には大きな意味があると思います。「女の子は勉強なんてできなくて良い」という親世代の偏見はいまだに根強いです。友達同士でも、女性同士の方が「真面目に勉強するなんてカッコ悪い」という同調圧力が強いと思います。

 

でもですね、先進国においては収入格差とは言ってしまえば学歴格差なのです。自分が生きたいように生きる、またはやらなくて良いことをやらなくてすむために経済的自由は不可欠です。まだチャンスがあるなら、少なくとも学歴を得るべく努力するべきだと思います。日本において学歴を得るということは、選択肢が増えるということです。勉強することはカッコ悪いことでも、馬鹿にされるようなことでもありません。だから特に若い女性には勉強してほしいなあと思いますし、真面目に勉強する子の足をひっぱるようなことをしてほしくないと思うのです。

 

そして、学歴があろうがなかろうが、すでに大人になっているのであれば「趣味は勉強」で良いのです。もはや期末試験も統一模試も入試もありません。好きな勉強を好きなだけ楽しめば良いのです。勉強は本来は楽しいものです。私にとっては、それを改めて気づかせてくれたのが阿部さんです。

 

この春から、阿部さんをきっかけに英語の勉強を再開し、ついに「勉強って楽しい!」と思えるようになったのです。今のクラスはメンバーが真面目なこともあってか、課題をこなすのに平日は2~3時間、休日は5時間とかかけるような感じでした。あまりにも英語の課題に追われていたある日、私は気がつきました。「なーんだ、英語なんて英語を使う人がそう思っているというだけで、別に英語が”えらい”わけでも”正しい”わけでもない」と。脳に負荷がかかりすぎて勝手にパラダイムシフトが起きたような感覚です。

 

英語を母語とする人とは根本的な考え方に違いがあるので「英語的には正しい」かもしれないけど日本語からしたら「そういう考え方はどうかな」と思うことがたくさんあるのです。だから別にこちらが卑下する必要はないし、(英語的に)間違うのは私の母語が日本語なのだから当然です。これまでは”正しい”英語にいかに自分が近づくかが勉強だと思っていましたが、むしろ違いを発見するのが勉強なのだと思ったら俄然楽しくなってきました。

 

相変わらず平日は2時間、休日は5時間とか英語やっていますけど、楽しいから全然辛くないです。仕事には何の役にもたたないのに、これだけ時間と労力をかけられるというのは、もはや趣味と言っても過言ではないでしょう。

 

阿部さんの「趣味は勉強」も本当に好きだからやっているだけで、決して辛くはないのだと思います。辛かったら続きませんし、何より勉強は(本来は)楽しいのです。もし辛いときは阿部さんの姿を見れば元気が出ると思います。「趣味は勉強」と公言して、勉強する人をいつも応援してくれる姿勢をとても尊敬していますし、私自身もやる気と勇気をもらっています。阿部さん、いつもありがとうございます。

 

(了)

 

※英語も良いですが、中国語に興味がある方に超おすすめの本(雑誌?)が最近出ています。SnowMan表紙、かつインタビューはなんと12ページ掲載。SnowManはさておいても、中国語って面白そう、ちょっとやってみようかなと思わせてくれる良著です。300時間くらい真面目にやれば、少しできるようになるみたいです。

「中国語スタートブック」Jリサーチ出版編集部編集、Jリサーチ出版、2021年