ほぼ毎日Snow Man

SnowManとその界隈の出来事を書いてます。

桶ダンス考

今年の「少年たち」で桶ダンスをやると聞いてびっくりした話。

 

桶ダンスとは全裸に見える恰好で桶で股間を隠して踊るダンスです。全裸で舞台に登場し、手にしたお盆を駆使して股間を隠す芸で一世を風靡したアキラ100%さんのようなものです(※)。正直、時代錯誤ですし、実際にやったら品位を疑われます。

 

わが社は超体育会系なので、20年前ごろまでの忘年会では皆よく脱いでましたし、お盆で股間を隠して踊る的な出し物をやる人もいました。今は時代が違います。今やったら間違いなく昇進が10年は遅れます。相談窓口に電話するなんてまどろっこしいことはしません。本人と、本人を指導する立場にある上司は朝イチで呼び出して指導です。人事を担当する部署とは直談判です。その後のコンプライアンス教育とか、調査報告とか面倒なので、絶対にやるなよと思います。

 

もはや身内の宴会ですらやらないのに、なんとジャニーズ事務所は桶ダンスを復活させるというのです。びっくりです。新橋演舞場で裸体ですよ。あれはジャニーさんを喜ばせるためにやってるのかと思っていましたが、ファンに需要があると思われてるのでしょうか。しかも、今年の演出を担当するのは滝沢副社長なのに。これから世界進出を目指すはずの滝沢副社長なのに。まさかの時代錯誤も甚だしい桶ダンス。ジャニーズの将来が不安になってきます。

 

日本国内であればジャニーズパワーで抑え込めるかもしれませんが、いまどき桶ダンスやらせてるなんてことが世界に流出したら、普通に欧米の人権団体から訴えられそうです。MeToo運動が始まって以降、男性に対する性的虐待や性的ハラスメントの問題も大きくクローズアップされるようになってきています。今回のキャストには未成年者も多く含まれています。公共の場で、必然性もないのに複数の未成年男性を裸体に見える恰好で踊らせるなんて、本人の同意があってもだめでしょう。そもそも、雇用関係にあるのですから、本人が同意したと言ってもどこまで自由意志が反映されているかは疑問です。断れば恐らく今後の業務上、不利益を被るであろう状況下において得られた同意の効力については争う余地が多分にあります。

 

舞台上で裸体を見せることが一概に悪いわけではありません。脚本の流れや、演出の意図によっては必要な時もあるでしょう。「少年たち」における桶ダンスは違います。そのシーンを丸ごと削除しても、全くストーリーには影響ありません。桶ダンスをシーンとして追加することはできますが、どうしても桶ダンスを踊らないといけない状況になる脚本を書くのは難しいです。桶ダンスをやる必然性は全くないのですから。

 

SnowManのデビューが決まって嬉しかったことの一つには「SnowManが桶ダンスをもうやることがない」ということです。「芸人でもないのに、あんなことやらされるのもJr.だから」かと思うと、本当に本当に早くデビューが決まってほしかったです。

 

ジャニーズ伝統の舞台「少年たち」。数あるジャニーズの舞台の中でも、特にジャニーさんの思入れが強かったと言われています。1969年にフォーリーブスが演じた「少年隊-小さな抵抗ー」を元にしていて、2010年にA.B.C-ZさんとKis-My-Ft2さん主演で上演されて以降、ジャニーズJr.たちによって定期的に公演されています。

 

「少年たち」は抑圧された牢獄のような世界から逃れ、自由になるため少年たちが戦う物語。戦争を経験したジャニーさんの思いが色濃く反映されているそうです。ジャニーさんにとって”少年”とは、戦後、アメリカの主導のもとで”自由”を獲得していく、相対的に幼い”日本”の象徴だったようです。舞台作品そのものとして、平和へのメッセージを込めたということは十分に伝わってきます。ジャニーズJr.に経験を積ませるという意味でも、キャストを変えながらこうして長く続く舞台があるというのは大変良いことだと思います。

 

ただし、桶ダンス以外。

 

問題点は大きく2つあります。一つは未成年男性が性的に消費されることに対する自覚のなさ。先進国では大きな課題になりつつありますので、事務所の皆様にはぜひ勉強していただきたいです。勉強するまでもないかもしれません。問題の所在は、未成年女性と同じです。Hi美が桶ダンスをするということは、新橋演舞場でAKBと坂道の未成年選抜メンバーが全裸に見える恰好でラインダンスをするのと同じです。決して、男性だから許されるわけではありません。

 

もう一つは、ジャニーさん亡きあとも、ジャニーさんの個人的嗜好に引きずられて時代錯誤の桶ダンスを見せようとしているところです。脱いだら確実に喜ぶのはジャニーさんであって、ファン全員ではありません。ファンは脱げば喜ぶだろうと本気で思っているのであれば、ファンをなめています。歓声があがるのはただのお約束であって、全員が見たいと思っているわけではないです。ファンはたくさんいますので、喜ぶ人もいるでしょう。でも、不快に思う人もたくさんいるのです。

 

それでも、Jr.の活動に対して事務所に何か言えば、今後の活動やデビューに悪い影響が出るかもしれないと思って皆口をつぐんでいるのです。SnowManが桶ダンスをするのだったら、私は何も言いません。「少年たち」で桶ダンスをするということは、まだデビューしていないということですから「嫌だなあ」「舞台レポで桶ダンスの写真は残さないで欲しいなあ」と思っても黙っています。文句を言うことで事務所に冷遇されたり、デビューが遅れたりしてしまうかもしれないからです。

 

実際に桶ダンスをするかどうか現時点ではわかりませんが、ぜひやめていただきたいと思います。

 

(了)

 

※全裸芸で人気を博したアキラ100%とにかく明るい安村さんの状況は「一発屋芸人列伝」(山田ルイ53世著、新潮社、2918年)がコンパクトでわかりやすいです。