ほぼ毎日Snow Man

SnowManとその界隈の出来事を書いてます。

ジャニーズと高学歴

クイズ部の活躍でジャニーズの高学歴化について考えた話。

 

SnowMan阿部亮平さんを部長として、グループの垣根を越えたメンバーで結成されたジャニーズクイズ部。クイズ番組などでも大活躍です。阿部さん以外はデビューしていないジャニーズJr.のグループですから、テレビや雑誌に出られる機会が増えるのは良いことです。事務所としても、これまで以上に所属タレントの活躍が増えます。視聴者層の若返りを図りたいテレビ局にとってもジャニーズは大歓迎。誰もがハッピーというナイスな企画。それがジャニーズクイズ部です。

 

クイズ部は、ステイホーム期間中にISLANDTVでの企画としてたちあがりました。たまたま皆がステイホーム期間で仕事もなく、たまたま阿部さんの趣味の一つがクイズだったから思いついただけ。結果として、クイズ部メンバー、事務所、テレビ局のいずれにとっても良い状態になっていますが、将来のことを考えて始めたわけではなかったろうと思います。

 

これまでは、学歴が仕事に直結するということがあまりなかったので意識していませんでしたが、クイズ部メンバーの学歴を見て「ジャニーズでもこんなに大学進学者がいるのか」と改めて思いました。

 

ジャニーズでは若くデビューして、その後は学業より仕事という時期が長く続いていました。ジャニーズ初の大卒となったのは嵐の櫻井翔さんです。その経歴を活かして現在はキャスターとしても活躍中。櫻井さんの場合、幼稚舎から慶應なので大学に進学するのは必然だったろうとは思いますが、それ以降も次々と大学進学者が続きました。

 

大学進学は退所後の保険をかけていると見られ、特にジャニーズJr.の間ではあまり歓迎されていません。阿部さんもメンバーに理解されず非常に辛い思いをされました。今では阿部さんが大学院まで出たことで「ジャニーズ初の院卒」ということでインテリキャラを買われ大活躍していますし、クイズ部の活躍を見て「高学歴」を売りにできるのかという意識も高まっていると思うので、もしかすると進学に対する意識も変わってきつつあるかもしれません。

 

ジャニーズJr.の子たちは、もし進学できるのであればした方が良いと思うのです。大学で学ぶことは仕事にも役立つと思いますし、最終的に退所することになっても学歴は役に立つと思うからです。

 

受験勉強をすることで、心身を整え、時間をうまく使うかを身をもって学べます。阿部さんは舞台の合間に他の人が着替えたり水分補給をしたりしている間でも問題集を解いていたそうです。それぐらいやらないと間に合わないくらい切羽詰まっていたということだと思いますが、逆に言えばそれくらいできないと合格はできないのです。こういう経験をした人は、いくらデビュー後に忙しくなっても勉強を継続できるでしょう。勉強される人と言えばTravisJapanの川島さんなんかも、すごい勉強されてますよね。

 

大学は知識そのものよりも、どうやって学ぶかを学ぶところだと思います。大学で学んだことそのものが直接役に立つというよりは、どうやって自分の興味や関心をアウトプットにつなげていくかとか、どうやって知のネットワークを広げていくかということを経験を通じて学ぶ場かと思います。ネットワークは誰がその分野の第一人者で、興味関心がある人はどこにいるのかといった人のネットワークもありますし、文献や情報がどこにあるのか、どうやって探せばよいのかといった知識のネットワークもあります。大学で学んだことが直接仕事に役立つ人はむしろ少なくて、その後に自分で調べたり作りだしていくことができるようになるのが大学の良いところではないでしょうか。

 

また、人間関係が広がるのもとても良いことだと思います。芸能界自体がとても狭い世界なので、子供のころから長く芸能界にいることでともすれば感覚がちょっとずれてきてしまう危険があります。現代は「手の届かない銀幕のスター」ではなく「親近感のあるアイドル」が求められる時代です。同じ時代を生きている普通の若者と接する機会があるのは、芸能活動にとってもプラスなはずです。

 

もちろん学歴は退所後には役に立ちます。これだけ多くのJr.がいるのです。順番を待っていてもデビューできないかもしれないし、怪我や病気で活動を続けられなくなることもあるでしょう。学歴が全てではありませんが、実態として大卒の方が正社員になれる可能性が高いし、生涯所得も高いのです。退所してから改めて大学に進学するという選択肢もありますが、ある程度の年齢になってから無職の状態で学生になるというのは精神的にも経済的にも非常に負担が大きいです。Jr.として活動しているのであれば、何かしらの収入はあるでしょうからJr.の間に進学したほうが良いのではないかと思います。

 

そう言えば、TravisJapanの川島さんが先日勉強についてブログを更新していたなと思って読み始めたら思ったより長くてびっくり。あれだけの文字数を書くのはすごいエネルギー量です。そして、川島さんのブログで昨日はSixTONESSnowManの同時デビューが発表されて2年目だったことに気がつきました。あまりの時間の流れの速さに思わずのけぞりかえってしまいます。2年か。あっという間だったな。この勢いでいくと次の2年もすぐに過ぎてしまいそう。うーん。私も阿部さんや川島さんを見習って何かちゃんと形に残る勉強もしないとだわ。

 

(了)