ほぼ毎日Snow Man

SnowManとその界隈の出来事を書いてます。

SnowManラウールさん主演映画「ハニーレモンソーダ」興行収入9億突破

ラウールさん主演の映画「ハニーレモンソーダ」。公開38日間で9.2億(2021年8月15日現在)は、文句なしではないでしょうか。

 

公開は7月9日。そもそも映画館が営業できるのかどうかすらわからない状況。見に行きたくても、ためらってしまうファンもたくさんいたと思います。こういう状況でなければ、ファンが何回も見に行くことで、さらに興行収入は伸びたかもしれません。

 

何回も見に行きたいファンもいる反面、見に行かなかったSnowManファンもたくさんいたでしょう。全員が出演しているわけではありませんし、内容は完全にティーン向けですから。それでも9憶を超えるというのは、恐るべし。

 

邦画の平均製作予算は3億、3倍の売上があれば元はとれるとされていますので、十分合格点だと思います。DV/BDの売上もかなり期待できそうですしね。

 

歴史が証明したとおり、ジャニーズが主演すれば必ず映画がヒットするわけではありません。製作費をかけても、映画がこければ赤字が増えるだけ。ラウール単独主演、製作費も抑え目であろう青春映画で、まずは様子を見るというのは正解だったと思います。

 

そして、なぜ「おそ松さん」実写化がSnowManだったのかと言えば、SnowManが「出演すれば、ほぼ確実に集客できる」グループだからだろうと思います。

 

ファンの一部が映画を見に行っただけで9憶。昨年の「滝沢歌舞伎ZERO the Movie」は「ハニレモ」以上に、ファンしか見に行かないであろう映画でしたが、最終的に21億です。10億越えれば大ヒットと言われる日本映画界で、この数字はすごいことです。

 

ファンはCDもたくさん買う上に、映画も見に行くというのがよくわかります。

 

来春公開予定の「おそ松さん」の撮影も順調に進んでいる様子。メンバーたちが撮影をとても楽しんでいる様子も伝わってきています。「おそ松さん」が、どこまで興行収入を伸ばすのか楽しみです。