ほぼ毎日Snow Man

SnowManとその界隈の出来事を書いてます。

ファンを不安にさせる事務所

ジャニーズの力が衰えたのか、派閥争いが再び勃発しているのか。いずれにしても、事務所は大丈夫なのか。思わず心配になってしまう同じ時間帯のテレビ出演。

 

先週、阿部ちゃんが「ミラクル9」で2回目のキャプテンとして大活躍していた時、別の番組には社長一押しと言われるグループのメンバーが出演していました。阿部ちゃんと同じチームには、TravisJapanの川島如恵留さんも。二人は当然ながら滝沢副社長派。

 

「ミラクル9」は「有田9vs.阿部9」だったので阿部ちゃんはマスト。他の番組に出ていた方は新作映画の宣伝でしょうから、必然性がなくもない。時間帯がかぶってしまったのは、本当にたまたまだったかもしれません。

 

そして昨日、「一分間の深いい話」にTravisJapanが思いっきりその魅力を宣伝してもらっていたころ。同時間帯の音楽番組では、ちょうどV6兄さんの歌が流れておりました。両方とも番組の一部だったのに、なぜわざわざ同じ時間に放映するのか。

 

時間の調整ができるほど事務所に力がなくなったというほうが、ファンにとってはよっぽどましです。健全な競争がないと、ジャンル自体が衰退してしまいます。

 

8月25日付ビルボードHot100。なんと上位5組中4組がボーイズグループでした。うちジャニーズは1組。このジャンルがいかに活況か、そしてジャニーズ一強が大きく変わったことがわかります。ライバルがいるからこそ、強くなれる。これからのジャニーズは健全な競争にさらされることで、さらに成長するはずです。

 

問題は、派閥争いの激化だった場合。TravisJapanが新設するYouTubeチャンネルの宣伝を良い感じにしてもらっている、まさにその裏で、解散が決まっているV6兄さん。ファンはどちらもリアルタイムで見たかったのですが・・・。

 

派閥争いを望むファンは誰もいません。テレビへの出演も含め、今後の動向が注目されます。