ほぼ毎日Snow Man

SnowManとその界隈の出来事を書いてます。

「それスノ」阿部ちゃんスペシャル

推しは押せるうちに押せ。オタク業界ではよく言われますが、まさに至言。

 

阿部ちゃんこと阿部亮平さんの不在により、放送内容が変更になった先週末の「それスノ」。知らない人が見れば不在であることを感じさせない構成でした。もちろん知っている人がみれば、まさに阿部ちゃん応援企画。

 

色々と物議を醸すこともある「それスノ」こと、「それSnowManにやらせてください」ですが、今回ばかりはよくやった!と思われるファンも多かったのでしょうか。

 

Paraviでの1年間の放送を経て、地上波に進出した「それスノ」。今回はその利を生かし、地上波で放送しなかった分の「SnowManが他の仕事に就いたらいくらもらえるのか」の映像を特別版として放送することになりました。

 

企画はラウールさんの”大食いファイター”と、佐久間大介さんの”忍者”。どちらもお二人の魅力が炸裂です。改めてSnowManの個性の強さと幅の広さを知ることができる大変素晴らしい企画。ラウールさんの初々しさや、佐久間さんの金髪も、今となっては懐かしいですね。

 

そして最後は、前の番組テーマソングである「ナミダの海を越えて行け」。前向きな歌詞が今の状況にぴったり。そして何より、全員揃っているだけでこんなに嬉しいなんて。9人でいることは、決して当たり前ではないのだということに改めて気づかされます。

 

「デビューさえしてくれれば」と思っていたはずなのに。デビュー曲があるというだけで嬉しかったはずなのに。テレビ番組に「SnowMan」として出演してくれれば、それだけで良かったのに。雑誌なんてページがあるだけでも喜んでいたのに。

 

いつのまにか贅沢に慣れてしまっていた、そんな気持ちになります。それだけSnowManが夢を見させてくれるということなのかもしれません。

 

この先どうなるかなんて誰にもわからないのだから、ファンができることは「今」全力で応援することだけなのだと思います。