ほぼ毎日Snow Man

SnowManとその界隈の出来事を書いてます。

スノ、支出喚起力8位

SnowManの売り上げ規模の見込みは205億。通常版CD1枚1,000円と仮定すると、2千万枚。ミリオン20回!?

 

CDだけでは無理そうですが、コンテンツとしての”SnowMan”。2021年は205億の売上が見込めるとのこと。昨年は121億だったので、前年比約1.7倍の伸び。順調に売り上げを伸ばしている様子がうかがえます。

 

先日発表された「リーチ力・支出喚起力ランキング」。株式会社博報堂DYメディアパートナーズと株式会社博報堂の共同研究プロジェクト「コンテンツビジネスラボ」が毎年実施している全国調査「コンテンツファン消費行動調査」をもとに算出したものです。公開されているレポートだけでも読み応えがあります。

 

支出喚起力は「どのくらいの売り上げ規模が見込めるか」。全てのコンテンツが対象なので、2021年は「鬼滅の刃」が圧勝です。

 

嵐は2018年から1位をキープしていましたが、2021年は2位。3位以下はパズドラドラクエ、ワンピ、BTS、コナンと続き、SnowManが8位でした。いずれも国民的アニメ又はゲーム。この並びで、SnowManがくるのは、ある意味すごいと思います。

 

リーチ力は「1年でどのくらいの人数に到達できるか」。これが高いとタイアップや、CMへの起用に向いていることになります。こちらも「鬼滅の刃」が圧倒的。

 

ジャニーズで20位以内にランクインしているのは嵐のみ。例年同様、支出喚起力の高いグループは複数ありますが、他のコンテンツに比べてリーチ力が高くないということがわかります。坂道グループも同様の傾向がありますね。

 

例年の調査結果を見ても、ジャニーズの中では嵐が突出しています。今でも嵐のコンテンツとしての力はジャニーズで最強です。ただ、活動休止が長引けば、この先どうなるかわかりません。やはり、ジャニーズ事務所としては、嵐のような国民的グループを必要としているのかなと思います。