ほぼ毎日Snow Man

SnowManとその界隈の出来事を書いてます。

ドリカム、CD購入を呼びかけ

先週末、ドリカムことDREAMS COME TRUEのベーシストである中村正人さんが、ご自身のブログでファンに新曲CDの購入を呼びかけたことが大きな話題になりました。音楽シーン全体でCDが低迷している現在、ドリカムでも厳しいのかと思うと感慨深いものがあります。

 

売上があまりよくないのか、10万枚いかないくらいかなと思いきや。初週、4,000枚!?

 

知名度は抜群にあるし、コンサートにもちゃんとお客さんは入っています。ドリカムと言えば数々のヒット曲をうみだした平成を代表するグループ。

 

多くの人が青春をともに歩んだあのドリカムですら、この枚数ということは、日本のCDは本当に厳しいのだと改めて実感したところです。まあ、今でもCDが売れている人は売れているので、単純に人気がなくなったということかもしれませんが。

 

そう考えると、是非はともかくとして、ジャニーズは強い。何と言っても「ファンはCDは買うもの」と思っている。これは頑なにアナログにこだわったジャニーさん、メリーさんの功績でしょう。そして、ジャニーズにおいては「売上こそ正義」。

 

事務所の戦略に完全にのせられているのはわかっているのですが、それでも買わずにいられません。「何万枚しか売れてないくせに」が悪口になるのは、ジャニーズ事務所くらいでは。一番売れていないと言われるグループでも3万枚。桁が違います。

 

ドリカムがCDの購入を呼び掛けたという事実以上に衝撃的だったのは、それを見たファンが「2枚買います」「3枚追加します」と反応していることでした。やっぱり、桁が違います。

 

ドリカムのファンですから、恐らくみなさん大人の方でしょう。メンバーがそこまでして「買ってほしい」と言ってるのだから、せめて10枚くらい買ってあげれば良いのにと思ってしまいました。

 

もはや、ジャニーズに毒されてしまっているのかもしれません。

 

久しぶりにドリカムが聞きたくなりました。