ほぼ毎日Snow Man

SnowManとその界隈の出来事を書いてます。

V6ファンのマナーの良さ

SnowMan界隈が相変わらず、どころか渡辺翔太さんの発言でますますペンライト問題がヒートアップしている今日このごろ。まあ、「もめてない」状態の時の方が少ない気もするので、もはやこれが通常運転なのかもしれません。

 

名古屋公演の際は、またもや名古屋駅に人が集まってしまってましたし。電車移動できなくなったら、本人たちに負担がかかります。それを理解していないファンがあんなにたくさんにいるのかと思うと、先が思いやられます。

 

このままいくと、SnowManも将来は「ファンのマナーが悪いことで有名だが」と言われてしまうのでしょうか。トホホ。

 

しみじみと、11月1日で解散するV6兄さんのファンのマナーの良さをうらやましく感じます。

 

特に感染防止への取り組み。

 

V6兄さんたちの場合、コンサートツアーが始まる前からものすごく注意喚起をしていました。会場では感染防止のため”不織布マスクの上から、顔全体を覆うフェイスシールド”着用。声出し厳禁。実際に会場は静まりかえっているらしいです。声を出さないために、一緒に行ったお友達ともスマホで会話するとか。

 

「当初はフェイスシールドをつけない人も10人以上いたが」って、それ以外の全員はきちんと着用していたってことですか!?しかも「今では全員がきちんと着用」。うーん、すごすぎる。

 

これがSnowManのコンサートだと「ペンライトはどうでもいいから、先にフェイスシールドについて、ちゃんと注意してほしい。自分の周囲は誰も着用していなかったので不安」という声があるくらい。

 

ファンにとっても、本人たちにとっても初の有観客コンサートですから、うまくいかない点があるのは仕方ありません。でも、今の状況で人が集まることのリスクを考えたら、少なくても感染防止対策には全力を尽くすべきなのではと思います。

 

しかもメンバーのうち2人も感染してるんですよ?少なくても、ペンライト問題よりは重要ですよね。