ほぼ毎日Snow Man

SnowManとその界隈の出来事を書いてます。

Snow Man 「CanCam」2022年1月号(40周年記念号)に登場

1982年に創刊し、この1月で40周年を迎える「CanCam」。SpecialEditionではSnowManが表紙を飾っています。

 

CanCamと言えば、多くの人気モデルを抱え、まさに一世を風靡した王道の赤文字系雑誌。これだけ時代が変化する中で、長年にわたり紙の雑誌を発行し続けるというのは、本当にすばらしいことだと思います。創刊40周年おめでとうございます。

 

そして、このような特別な号にSnowManを起用していだたきありがとうございます。

 

CanCam40年の歴史を振り返る特集はまさに保存版。個人的にはあまり縁のない雑誌でしたが、それでも「ああ、こういう時代もあったなあ」と思わずしみじみしてしまいました。「エビちゃんOL」とか懐かしいですね。

 

SnowManの特集ページは、スペシャルフォトカード付12ページ。このような記念すべき号で、これだけページをいただける日がくるなんて。

 

ジャニーズだけでも多くの人気グループがあるなか、「SnowManCanCamの読者層に人気がある」と思っていただけているというのはありがたいですね。

 

読者が見たいアイドルを見せてくれるという点において、まず間違いのないCanCam。写真は最高だし、インタビューも充実。厚紙仕様のフォトカードも素晴らしい。完璧です。

 

今年のカレンダーはCanCamを擁する小学館様がご担当。めちゃくちゃ期待しています。

 

特集のインタビューやアンケートでは色々と面白い話もでましたが、阿部亮平さんがラウールさんと目黒さんに「敬語外して」と言ったエピソードに泣きました。

 

お二人を迎えることは、受け入れる側にとっても大きな決断だったはず。阿部さんなりに色々考えて、3人でラーメンを食べに行ったのかと思うと、色々な感情がこみあげてきます。

 

デビューして2年弱。今こうして9人で表紙を飾っているのを見ることができるのは幸せだなあと思います。