ほぼ毎日Snow Man

SnowManとその界隈の出来事を書いてます。

2021年11月発売雑誌マイベスト3

11月は新曲発売前ということで、ありがたいことに多くの雑誌に掲載がありました。個人的ベストはこちら。

 

3位 Eye-Aiプラス 2021A/W SP

ラウールさんの東京ガールズコレクション出演時の取材。ラウールさんの成長があまりにも早いので、まさに「今ならでは」の姿をこうして誌面にとどめてくれてありがたい。仲良しのヴァサイエガ渉さんとのエピソードも聞けて涙、涙。渉さん、ラウールさんのSnowMan加入を支えてくれて本当にありがとう。

 

2位 CanCam 1月号

創刊40周年という記念すべき号で、特別版の表紙にSnowManを起用していただきまして感謝。紙の雑誌が苦しい中、こうして40年も続けているというのはすばらしいことだと思います。そして何より「やはりCanCam に任せておけば安心」と思わせてくれるクオリティ。小学館様にご担当いただく来年のカレンダーも、紹介文だけですでに幸せ。早くカレンダー発売日にならないかな。

 

1位 Myojo1月号

渡辺翔太さんがイケメンすぎるので優勝。Myojoにて今月号から始まりました新連載「SnowMan写真館」。”メンバーの素顔を9号連続でお届けします”とのことで楽しみすぎる。次回は深澤辰哉さんですので、来月も1位はMyojoでほぼ確定な気がします。

 

今月は通常のグラビアのほか、厚紙カード、ツアーレポ、ドラマやDVD/BD発売の宣伝まで盛りだくさん。まさかMyojo様でこんなにページをいただける日がくるとは。ありがたや。アイドル誌の中で圧倒的な売上を誇るMyojo様ですが、コロナ禍でさらに売上部数が伸びてるのは、こうしてファンの心をがっちりつかむ誌面作りをしていただいているからだと思います。Jr.大賞の影響で発売後すぐに品切れとなってしまった12月号も、その後ちゃんと補充されてましたし。願わくば、定期購読特典のマガジンBOXがSnowMan単独になりますように。

 

”渡辺さん優勝”と言いつつ、読み物ではHey!Say!JUMPの「いま考える、デビューしたあのころ」が一番面白かったです。JUMPのデビュー当時とは、ずいぶんと変わりました。ジャニーさんの好みだけで決まっていたころより、今の方がずっとずっと健全だと思います。努力が必ず報われるわけではないし、努力と人気が比例するわけでもありません。でも、やっぱり「ジャニーさんに気に入られていたから」ではなくて、がんばっているグループにデビューしてほしいなと思います。