ほぼ毎日Snow Man

SnowManとその界隈の出来事を書いてます。

SnowMan宮舘涼太さん、佐久間大介さん「ラヴィット!」にて「お試しSnowMan」2週連続放送

朝の情報番組「ラヴィット!」(TBS系)に出演中のSnowMan宮舘涼太さんと佐久間大介さん。

 

冠コーナー「お試しSnowMan(おためしスノーマン)」、略して「ためスノ」もついに3回目。今回は宮舘涼太さんと佐久間大介さんが「ナガシマスパーランドの絶叫アトラクションで大はしゃぎ」ということで、三重県ナガシマスパーランドへ。

 

夜は近くにあるイルミネーションで有名な「なばなの里」へ。今回は”なすなかにし”のお二人とご一緒のロケでした。

 

朝から、と言っても朝には見られないのですが、こんなに平和で楽しい企画を見られるのは「ラヴィット!」ならでは。SnowManの出演回、いつも楽しみです。「ラヴィット!」様、新年早々2週にわたる放送ありがとうございます。

 

「ラヴィット!」は情報番組なのに、なぜか見逃し配信がある貴重な情報番組。もはや情報番組ではなく、バラエティ番組扱いされているような気がします。

 

「ラヴィット!」MCの川島さんも「(番組がネット配信されることを受け)バラエティ番組として認められた証」とご発言されていたそうなので、バラエティ番組ということでいいのでしょうかね。いずれにせよ見逃し配信があるのはありがたい。

 

朝の8時からリアルタイムでテレビを見られる人の方が少ないでしょうから、見逃し配信の需要はかなりあるはず。最近のテレビ番組は、見逃し配信などで後からどのくらい再生されているかも番組の人気度を測る重要な指標になっているようです。

 

こうしてSnowManの冠コーナーができたのも、「人気がある」と思われての起用だろうと思います。いや、ファンとしては「人気がある」と言い切りたいところですが、番組側や、スポンサー様にどう思われているのかはわからないですから。そもそも「ジャニーズの若手グループ」なんて、見分けのつかない人が多いわけで。

 

「企画がとおる」ということは「大丈夫だと思われた」ということですので、素直に嬉しいです。

 

今回はSnowManのお二人がナガシマスパーランドでロケということで、ロケ日には目撃情報がずいぶんと出回りました。実際の放送を見て納得。あれだけ学生さんがいれば、そりゃ、みなさん「きゃーっ」となりますよね。

 

たまたま行った日にSnowManと遭遇なんてうらやましい限りです。

 

2週間にわたり放送された「ためスノ~ナガシマスパーランド編~」は、”なすなかにし”の那須さんと中西さんのお力添えもあり、大変充実した内容でした。

 

ファンには「だてさく」コンビとして知られる宮舘さんと佐久間さんの、かっこいいところも、ガチトークも、かわいいところも、面白いところもてんこ盛り。

 

大爆笑したり、トークではしみじみしたり、絶叫マシンにひやひやしたり。見てるこっちも大忙しです。だてさく、さすがですわ。

 

特に番宣コピーの「絶叫アトラクションで大はしゃぎ」は強烈でした。画面越しでも伝わる絶対に怖いやつ。あの絶叫マシンを最初から最後までずっと笑顔で、あんなに楽しそうに乗るアイドルなんています?

 

めちゃくちゃ楽しそうな姿に、つい「乗ってみたいかも」と思ってしまいましたが、たぶん本物見たら一瞬で「無理」となると思います。

 

でも、ナガシマスパーランドにはいつか行ってみたいですねえ。「なばなの里」のイルミネーションもとても素敵でした。放送時のBGMにはSnowManの5枚目シングル「Secret Touch」。しっとりとした曲調が夜景にぴったりで、見ているだけで幸せな気分になりました。

 

これだけコロナの感染が再び拡大しているのを見ると、ロケ自体ができなくなる可能性があるので時期的にもナイスタイミング。スタッフの皆様はさぞかし気を使われたと思いますが、安全にロケが終了し、無事に放送できて良かったです。ありがとうございます。

 

コロナと言えば、最近、他のグループの方ですが「夢の国に行った」ということをブログに書いてらして、界隈で若干炎上しました。

 

「夢の国に行った」ことそのものも、時期を考えれば自重したほうが良かったかなと思いますし、何より「言わなければわからないのだから、せめて黙っていてほしい」と思います。

 

ストレスの多いお仕事ですから、息抜きしたいのもわかります。たまには羽を伸ばしたいでしょう。ストレス解消のために夜の街に繰り出すよりも、「夢の国」の方が良いのかもしれません。

 

でも、自分が感染する、もしくは感染させる危険は確実に高くなっているのです。ツアーの最中にそこまでしても行きたかったのかと思うと、デビューまでの苦労を見ているだけにちょっと残念な気がします。

 

百歩譲って「危険があるとわかっていても、万が一のことを考えても、どうしても『今』行きたかった」のであっても、自分から公表しなくても良かったのではないかと思ってしまいます。

 

行ったことを自ら公開して何がしたかったのかな。それとも、最近お仕事で評価されることが増えて、ちょっと気が抜けてしまっていたのかな。もしかして、目撃情報が後から出ると困るから、先に言ってしまおうということだったのかな。

 

ナガシマスパーランドでの平和なロケを見て、改めて「コロナ禍にレジャー施設に行くこと」について考えてしまいました。